足湯イメージ写真

マイクロバブルと水素泉

マイクロバブルの5つの効果

  • 除菌
    フリーラジカルの発生により細菌類を除去。高濃度マイナスイオン効果が“チリ”や“ほこり”を除去。
    空気環境の改善効果も期待できます。
  • 消臭
    細菌や皮脂汚れなどの根本を取り除くので、頭皮・毛髪・汚れ溜まりなどから発生する悪臭も防ぐことができます。
  • 保湿
    高濃度マイナスイオンとマイクロバブルは、保湿力が高く、乾燥した素肌と毛髪へまろやかな質感を実現させます。
  • 温浴
    マイクロナノ温浴によって微アルカリで温泉効果も望めるため、身体を芯から温め、血行を良くし、細胞を活性化させます。
  • 活性酸素軽減
    体内の細胞を酸化させ、老化や様々な病気を引き起こす要因になるといわれる活性酸素を軽減させます。

気泡変化メカニズム

大量にマイナスイオンを帯びたマイクロバブルは、発生直後から徐々に縮小して目に見えないマイクロナノバブルへと変化し、長時間水中に留まることができるようになります。その後、さらに縮小して消滅~圧壊する際に、フリーラジカルといわれる疑似超音波現象が起こり、このフリーラジカル現象が、汚れや悪臭の元である皮脂や細菌を取り除き、除菌します。また温浴効果、保湿、美容改善などに役立つと様々な分野で研究開発が進められています。

気泡サイズの変化
気泡サイズの変化
フリーラジカル発生のメカニズム
フリーラジカル発生のメカニズム
気泡サイズの比較
気泡サイズの比較
白濁発生の様子
白濁発生の様子
マイクロバブル&高濃度マイナスイオン+マイクロナノバブル

足湯ピュアウォーターカプセルの特徴と機能

ピュアウォーターカプセル

塩素除去だけでは、トリハロメタンなど有機化合物を除去できません!
「揮発性有機化合物類・遊離残留塩素除去」

化学物質過敏症、アレルギー性疾患など、化学物質などによる室内空気汚染が原因とみられる症状が、1950年代以降の産業の発達とともに増加しています。
水道水中の化学物質基準は、主として飲食を前提に決められています。しかし、蒸気の吸入や皮膚との接触による経皮吸収が、私たちの健康影響にとても重要であることが分かってきました。

水道水から室内空気への、揮発性有機化合物の放散
(揮発性有機化合物=トリハロメタンなどの強汚染物質)

水道水の正しい知識 トリハロメタンと塩素は違う

トリハロメタンとは、浄水場で使用される残留塩素(次亜塩素酸)と、川や湖の原水に含まれるフミン質(腐植質)といわれる成分が、化学反応を起こして生成される4種類の有機化合物です。水道水の蛇口からは、遊離残留塩素と有機化合物であるトリハロメタンの両方が出てきます。
クロロホルム、ジブロモクロロメタン、プロモジクロロメタン、プロモホルムの4種類を総称して「総トリハロメタン」といいます。
この4種類には肝毒性があるほか、クロロホルムとプロモホルムには発がん性があり、ジブロモクロロメタンとプロモジクロロメタンは突然変異(猟奇形成)を誘発することが動物実験で明らかになっています。
本来このような毒性を示す物質が混入することは回避しなければなりませんが、現在の浄水処理方法(高度浄水処理方法を含む)ではこのトリハロメタンを完全に除去できないため0.1mg/L(0.1ppm)以下の混入許容基準値が設けられていますが、世界基準と比べて高く、高塩素=高トリハロメタンです。
トリハロメタンを除去しないで摂取し続けるリスクとして健康状態への影響が叫ばれています。(アトピー性皮膚炎も悪化、喘息の悪化、内臓や中枢神経への悪影響、流産へのリスクなど)や肝障害、腎障害などを誘発させる成分を含んでいます。

水素泉の効果

水素ナノバブルが身体を優しく包み込み、しっとりと滑らかでシルクのような肌触りが特徴です。
水素濃度1.2ppmの入浴で、肌に潤いを角質層までチャージできます。

ご利用案内

  • 水素泉と足ふきタオルセット/1名様 1,000円(税込)
    ※ご宿泊者は、2023年から1回無料でご利用頂けます。
  • 利用時間 10~20分/1回