戻る

     施設のご案内 Always With DOGS

室内 食堂 食堂
食堂では、ワンちゃん同伴で旬の浜名湖の味覚を、浜名湖「和会席料理」にてご堪能いただけます。 注:ワンちゃんプールは6〜9月ご利用可能です。

ペロはまなこは、ワンちゃんを主役に考えて設計された浜名湖ワンちゃんリゾートです。(客室内は全室完全禁煙)
室内
館内は掃除が念入りに行き届き、とても衛生的で匂いも毛残りもなく、ワンちゃんの脚に安全な抗菌クッションフロアーになっています。
ワンちゃんは、浴室以外すべての場所にご同伴が可能です。注:ただし吼えが続く場合は、食堂へのご同伴は出来ません。


室内室内
●客室のベッド&マットレス、チェアーなどが、2015,10,23に大幅にリニューアル新調されました。 レークサイドドッグランは、全面芝で2面あります。

全客室&ダイニング/ プール、 無料Wi-Fi 設備あり。

浜名湖を目の前に、敷地内には公認アジリティーセットを備えた大(180坪)と小(90坪)の専用ドッグラン(一部全天候)もあり、ワンちゃんをノーリードで思いっきり遊ばせてあげることができます。夏季(6〜9月)には、ワンちゃんの健康のため、週1で水抜き掃除を徹底しているため水汚れや浮き毛も無く、清潔な”活性セラミック水の掛け流し”ワンちゃん専用プール(3.3平方メートル)&デッキ(30坪)も楽しめて初泳ぎのワンちゃんも安心してお楽しみ頂けます。TOTAL300坪の自由スペースの全ては、ご宿泊のお客様は設備を無料にてご利用いただけます。 注:お子様がプールでスイミングする事は禁じています。

そして、なんといっても目の前に広がる浜名湖、美しい日の出、また、晴れた日に遠望できる富士山が飼い主さんとワンちゃんの心を和ませてくれることと思います。ぜひ愛犬とリラックスをしに当ペンションへお越し下さい。

★ペロはまなこからの景観が絶景な理由は、宿のある浜名湖の西から〜観光地で景観の良い東を望む事、ペロの所在地が浜名湖の西のど真ん中に位置しているために、浜名湖を南から北までパノラマで全体が一望でき、東から昇る日の出と東に位置する富士山を同時に望む事が可能なベストポイントにあるからです。そのため、浜名湖湖畔で行われる夏の夜の祭典「花火大会」をすべて見ることが出来ます^^

 日本初・もしかしたら世界初?ユニットバスに特大リアルバーチャルウインドウ新設
  全浴室にて、それぞれ違う風景の世界旅行(気分)が味わえます。
(バーチャル=仮想風景です)

 所在地   〒431-0421 静岡県湖西市新所5957−6  地図

【お車をご利用の場合】
ペロはまなこ 〒431-0421 静岡県湖西市新所5957-6
TEL 053-573-2600 /チェックインPM15:00 / チェックアウトAM10:00
無料駐車場完備「15台」

「カーナビゲーションご利用の方へ」 
北緯34度44分06秒・東経137度32分35秒
「三ケ日インターチェンジから約20分の道案内」
注 : カーナビゲーションとは、途中から道案内が違います。
また、ナビにTELで入力すると違う場所に案内される事があります。

●下記のご案内の通りに、いらしていただければと存じます。
1、三ケ日IC料金所を出てそのまま直進、信号を越えると
  レークサイドウエイに入りますので、3kmほど走りますと前方に、
  赤いアーチの橋と左に浜名湖が見えます(左にみやげ物屋)ので 
  橋を渡ってすぐの2箇所の信号を左前方方向へ(右にトンネルあり)
  国道301号線を湖西・新居 方面に向かいます。
  
2、赤いアーチの橋から10分弱ほど道也に走ると、
  セブンイレブンが左にある太田交差点(手前左に湖西中学)
  がありますので、そのまま1.5km直進すると日ノ岡上交差点です。
3、日ノ岡上から急坂を下ると日ノ岡下(右下に、さつまラーメンあり)
  30m先に日ノ岡交差点
 (右角にノズエ時計店とシェルGS)
 がありますので、左折して下さい。

 ※赤いアーチ橋の信号から、初めて曲がる交差点。
 
4、左折したら、道也に約1km走ると新所幼稚園を過ぎて
  道が左にカーブします。 (細い直進道あり×)
  大きなS字カーブを抜けると、長い直進道路になり
  150mほど進むと小さな橋が 横断歩道の所にあるので、
  橋の手前を右折してください。
  ※右手にペロの看板あり。

  ●曲がらずに行き過ぎると、100m先の左に東小学校があります。
5、右折、100m先の自販機に突き当たりますので、
  右折して30m右に専用駐車場(15台)
 ※看板:黄色の看板で文字は緑の蛍光色です。

地図

拡大図

湖西市のUチューブ観光案内

私達たちが、看板犬で〜す。

地図
ボクが、二男のリオです。(トイプー♂2008・12.1生)
遊ぶのダ〜イ好き!
ドックランは、ボクの庭だからネ〜
アジリティだって、プールだって、朝飯前!
って、一度は言ってみたい・・・

じゃあ、みんなと会うの楽しみに待ってるからネ
地図
2018.4.18生まれの長女ゆめです

キャバマル♀(キャバリア&マルチーズMIX)
めちゃ元気です!!でも優しいよ〜
すでに、リオの顔より2倍大きな顔(笑

 


【新幹線をご利用の場合】

東京方面:
JR浜松駅
 JR東海道線にてJR鷲津駅へ
 JR鷲津駅より車で約10分

名古屋方面:
JR豊橋駅
 JR東海道線にてJR鷲津駅へ
 JR鷲津駅より車で約10分

【カーナビご利用の方へ】

北緯34度44分06秒・東経137度32分35秒

浜名湖の旅を、楽しんで頂けますようにお迎えしたいと思います。


狂犬病、 混合ワクチン接種について
(ご宿泊の際には、3年以内の接種証明書、又は抗体価証明(2〜3種)の提示が必要となります。)

ペロはまなこは、ワクチン接種(混合4種)に関しては3年に1回以上、又は2年ごとの抗体価検査証明(パルボ、ジズテンパー)

※生後のワクチン接種(2〜3回)後、4年以上、混合ワクチン(パルボ・ジステンパー・アデノ2種)の接種がされていない場合は、最低ジステンパー&パルボの抗体価証明が必要です。

狂犬病は、 国の決まりにより年に1回の接種です。
(しかし、高齢や体調不良が
あれば摂取は必要ありません、申請すれば摂取は必要なくなります。)
(狂犬病予防接種は、何らかの理由で毎年接種が出来ない場合は、過去の接種証明をご提示いただく事でご宿泊いただけます。)

※狂犬病は、犬以外にも多数の動物が感染しますが接種義務自体がありません。
しかし、そんな環境でも日本では1957年以降発生がない清浄国です。

日本の狂犬病ワクチンの効力も2年はあるというのは科学的な常識です。
その証拠の一端が日本の検疫制度に現れている。
日本にいる愛犬を連れて、狂犬病が蔓延している外国に旅行したり、住んだりする場合に、日本の出国直前に狂犬病ワクチンを接種すれば、その後2年以内に日本に帰国すると、その外国での狂犬病ワクチンの接種は不要。つまり、日本の狂犬病ワクチンの効力は2年はあると日本の検疫制度が認めているのです。

犬の主要4種ワクチンの効力は3年から7年以上(生涯)持続すると言われています。
現在、以下9種類のワクチンが存在します。

コアワクチン4種(混合ワクチン4種)

1,犬ジステンパー
2,犬パルボウイルス感染症

3,犬アデノウイルスI型感染症(犬伝染性肝炎)
4,犬アデノウイルスII型感染症(犬伝染性喉頭気管炎)

5,犬パラインフルエンザ
6,犬コロナウイルス感染症
7,犬レプトスピラ病黄疸出血型
8,犬レプトスピラ病カニコーラ型
9,犬レプトスピラ病へブドマディス

ワクチンとは?
もともとワクチンというものは、感染症のウイルスの毒素を弱めた「抗原」のことです。

ワクチン(抗原)を犬の体内に注射すると、この「抗原」に対抗する「抗体」が体内で新たにつくられます。
毒素を弱めているので、「抗体」が勝り、「抗原」を退治できるので、新たにつくられた「抗体」だけが体内に残るのです。この現象を、目的としてワクチン接種を行いますが、これには副作用が起こる場合があります。
副作用が原因で、病原体の症状が出たり、アレルギー・自己免疫疾患などの病気になったりすることがあります。特に抵抗力の弱い子犬や老犬が、この副作用を起こす確立が成犬に比べると非常に高くなります。

また、ワクチン摂取をしていても感染する事がある事実も理解する必要が有ります。
ワクチン摂取は感染しない魔法の薬では無いのです。
逆に、感染して「抗体」が無くても、元々持っている免疫力で発病しない場合もあるのです。

ワクチン接種は何故するのでしょうか?子犬の場合は、生後授乳によって病気に対する抗体を母犬から受け継ぎます。(健康な場合)
これを移行抗体といいます。 しかし、この移行抗体は42日〜150日で消滅してしまうのです。以後は自分で抗体を作らなければいけません。
そこで、移行抗体が消滅しかけた時にワクチンを接種するのです。ですから、最も早く抗体が消滅するケースを考慮して、第1回目のワクチン接種をします。それが、最短で生後42日〜60日
目といわれています。しかし、その第1回目はもしかしたら移行抗体が残っていて、子犬自身が抗体をつくっていないかもしれません。 その為、その1ヵ月後(72日〜90日目)に第2回目のワクチンを接種します。
さらに、この時期でも移行抗体が残っている場合があるので、念の為2回目から1ヵ月後(102日〜120日目)に第3回ワクチン接種をします。
このことから、子犬には生後42日〜60日を第1回目とし1ヵ月おきに計3回というワクチン接種のスタイルができあがったのです。

重要なコアワクチン4種は、多くの獣医さんが推奨する1年間で、接種したワクチンが効かなくなるといった科学的根拠はありません。
毎年ワクチンを接種すると、愛犬にワクチン関連の高いリスクをもたらします。
テキサスA&M大学と他の多くの獣医学校は現在、ほとんどのワクチンを3年に1回接種すべきだと教えていて、
アメリカ動物病院協会(AAHA)は、すべてのワクチン接種を3年に1回を推奨しています。

●抗体価検査をしない場合のワクチン接種サイクルは、6種以内混合コワラクチンを3年以内に接種し、5〜9種の混合ワクチンに含まれる犬レプトスピラ病に対するワクチン接種が必要と思われる場合は、レプトスピラワクチンのみ半年に1回というのが望ましいと思いますが、犬レプトスピラワクチンは、その性質上(ウイルスではなく細菌)、3ヶ月〜半年以内程度しかワクチン効果を示さない事もわかっています。幼いうちと老犬への接種では免疫力を低下させる、危険な副作用が出やすいとも言われていますが、あくまでも飼い主の判断によります。(レプトスピラワクチンは、200種類近くもあるレプトスピラ病の内、7〜9種ワクチンに含まれる2〜3種だけの接種であり、しかも効果が6ヶ月程であるばかりか、幼犬や老犬に強い副作用が出る可能性がある事を説明される獣医さんがほとんど無いため、愛犬のために飼い主の皆さんは、ワクチンについてよく勉強しなければなりません。)

●1年に1回の、混合ワクチンの追加接種への免疫学的な理由などは、存在しないのが実情です。
また、日本の場合は単種ワクチン接種を推奨していないため、免疫が有る無しに関わらず勧められるまま5〜9種の混合ワクチンを摂取しているのです。

老犬やアレルギー、他の病気等で、過去の接種から4年以上ワクチン接種がないワンちゃんも、獣医さんによる最低3種(犬パルボウイルスと犬ジステンパー、アデノウイルスT型)の抗体価証明があれば、ペロはまなこはご宿泊いただけます。 ただし、健康でない場合はご宿泊いただけません。
狂犬病も同様ですが、過去に1度も接種の無い場合(先天的な持病がある場合は獣医さんの証明があれば可)、及び4年以上接種がなくワクチンの抗体価証明が無い場合は、沢山のワンちゃんが集う場所に同伴されるのは、そのワンちゃんが命の危険に晒される訳ですので受け入れは出来ません。

※当宿の看板犬の1頭「ペロ、11歳♂」はワクチンを摂取する度に2週間ほど体調が悪くなり、副作用●甲状腺機能低下症、●自己免疫疾患(皮膚)と思われる症状が出始め、4歳の時に全身が痛くて起き上がれなくなりました。始めはトイプードルにありがちな股関節系疾患かと思いましたが、設備が整い獣医さんが20名ほどみえる大きな動物病院で行った精密検査の結果、原因が軟骨を形成するホルモンの分泌が無くなっている事が分かり、その後はホルモン剤とグルコサミンコンドロイチンを毎日摂取して辛うじて歩けるようになりました。(ただ、毛が徐々に抜けていく事を止められません)現在も通院して薬やサプリメントは毎日与えます。ワクチンの、副作用の怖さに無知だった事を深く反省して今は勉強中です。お客様からの、無接種犬に付いてのお問い合わせの際には、出きる限りお泊り頂きたいと考えて、踏み込んだご質問をさせて頂く事があろうかと思いますがご理解下さいませ。また、ご家庭に何らかの疾患があるワンちゃんがお見えの場合は、獣医さん任せではなく最低限のワクチン知識を持たないとなりません。

ワクチン接種によって起こる下記のような問題があります。
また、抗体がある状態で毎年の過剰接種で、ワクチンを接種しても抗体が作れない体になってしまっているかもしれません。

●ワクチン接種後にジステンバー脳炎
●神経の障害
●自己免疫疾患(筋肉、皮膚、目のトラブル)
●アレルギー反応
●腎臓疾患
●甲状腺機能不全
●アレルギー性の皮膚炎
●てんかん
●攻撃的な行動

あくまでも個人的な見解として、愛犬の混合ワクチン接種は、

「生後2、3、4ヶ月で各1回、その1年後に1回、その4年後からは毎年2〜3種(ジステンパー&犬パルボ必修)の抗体価検査のみで、成犬はジステンパーの抗体価が少なくなった時期に接種する」3歳未満の幼犬は犬パルホもチェック。

※抗体価の見方

ジステンパー:約20倍
犬パルボ:約200倍
犬アデノ2型:約20倍

多いに越したことはありませんが、上記の半分以上あればOKの
ようです。

※すでに毎年接種している場合は、これまでの過剰なワクチン接種によって抗体を作る機能が弱っていたりする場合があり、また、個体によって抗体を作る機能が弱い子もいますので、早めのワクチン接種をしたほうが良い子もいます。そのあたりの判断は、動物病院で抗体価検査をおこなうのが理想です。抗体価検査をおこなって、抗体がなくなっているようであれば、早い時期に追加接種をすることをお薦めします。長生きする犬種などの場合は10歳を超えても追加接種をしたほうがいい場合もあります。

また、抗体価が少ない場合に発病するのではなく、本来の免疫力があり感染しても発病しない事は多いのです。
逆に、健康な状態で何も問題ないのに、ワクチン接種した(抗原を体内に入れる)事により発病する事もあります。

●抗体価検査料は、獣医さんで幅があるようなので、検査前に数ヶ所料金の確認をして見られると良いと思います。 1抗体価1〜4,000円位で
重要な抗体価は、犬パルボウイルスと犬ジステンパー、アデノウイルス(犬伝染性肝炎)の3種となります。
また、抗体価検査を勧めない(抗体価が十分あることが分かる事を嫌がる)や高額請求する獣医さんも見えますが、その場合は愛犬のために獣医さんを変えられることをお勧めいたします。

お役立ち情報 〜犬の混合ワクチン〜(リンク許可済み)

あぶない予防接種(カナダ在住、アジリティ犬TABIの日記から:リンク許可済み)
ご参考までに:TABI mama様から、ご返信頂きましたメール内容

「メールをいただき、ありがとうございました。 リンクの件、了解しました。ワクチンのダメージに関しては多くの方に知ってもらいたいと思います。
うちの犬も生後一年の混合を最後に一切打っておらず、抗体価テストを毎年するのみです。今年で14歳になりますが、いまだに抗体価は十分な数字が出ますし、とても元気にしております。過去には転勤やアジリティのチャンピオンシップでアメリカとカナダの国境を何度も越えましたが、ワクチンをしてないことが問題になったことは一度もありません。あまり知られていないことかもしれませんが、アジリティのトップクラスのハンドラーたちは犬にワクチンを打たない主義の方々がけっこういます」

(毎年のワクチン接種は、ワンちゃんに疾患がある場合や、老犬にとっては大きなリスクに成りかねません。ご旅行のために無理して毎年接種されるのでしたら 、特別な場合を除いて愛犬との旅行を控えられるか、抗体価証明のみで受け入れる施設をご利用される事が本当の愛情だと思います。)
追:ペロの看板犬は、3年以上混合ワクチンの接種はしていませんが、現在の抗体価3種は十分にあります。
今後も、抗体価検査を続けて抗体価が低くなった時に混合ワクチン接種を考えたいと思っています.。

ワンちゃんは体調に問題がなければ、2年前の抗体価証明でもパルボ&ジステンパー、アデノ1.2型の抗体価があればペロはまなこにはご宿泊いただけます。
また、フィラリアの血液検査をする時と同時に抗体価検査(1,犬ジステンパー 2,犬パルボウイルス感染症3,犬アデノウイルスI型感染症(犬伝染性肝炎)の3種セットなどセット検査があります)をすれば、採血は同じですのでワンちゃんの負担は少なく済みます。 なお、最近の検査結果は1〜2日で分かるようです。

最後に、
上記の説明は、混合ワクチン接種を否定するのではなく、抗体価が現在その子にあるかが重要と言う事です。
必要以上のワクチン接種は、ワンちゃんへの負担や副作用などの危険が増すだけですが、
生後3回の混合ワクチン接種したのち3年以上経過して、その後混合ワクチン接種を一度も接種していない場合は、混合ワクチン接種よりも抗体価検査をお勧めします。

抗体価のない状態では、お散歩などにより愛犬が病気に感染する危険は避けられません。
かと言って、 獣医さんからハガキが来たから、抗体価があるにも拘らず今年もワクチン摂取しようでは危険です、本当に愛犬
を家族と思い愛情を注ぐのであれば、安易な毎年の混合ワクチン接種を見直し、毎年の抗体価検査を
することが愛犬のためではありませんか?
(4種以上のワクチン摂取も本当に必要ですか?5〜9種の必要性や危険性を理解されていますか?)
また、全国の同伴可のお宿さんやドックラン、ドッグカフェ、ドッグサロンさんなどの受け入れ施設の皆さんが、
1日も早くワクチン接種へのご理解を頂け、危険な毎年摂取を義務付ける事を止められることを願います。

ご来館の際には、ワクチン接種についての疑問点などございましたら遠慮なくご質問下さい。(沢山の方に知って頂きたいです)
また、フィラリア予防薬がS:11kg以下・M:22kg以下・L45kg以下の3分類しかなく、何故蚊の発生1〜2ヶ
月後から?
のみ・ダニ駆除の強い薬品の危険性に付いての疑問点も勉強しています。
愛犬が、与えている薬が必要量?と考えないまま過剰に薬を飲まされていることは、本当の意味で愛犬の為に飼い主はよく考えなければなりません。

ペロはまなこ  オーナー鈴木克典


 トップに戻る

 設備

 1.アジリティーセットを備えた大(180坪)と小(90坪)の計270坪の専用ドッグラン(公認アジリティーセットを設置)
 2.ワンちゃん専用プール(3.3メートル四方)プール&デッキ(30坪)
 3.バリアフリー仕様(ユニバーサルデザイン)の車椅子対応可の「Bタイプ特別室」1室あり!
 4.全室洋室、洗い場付バス・ウォシュレットトイレ・冷暖房、テレビデオ、ロフト付(特別室にはロフトはついておりません)、湯沸しケトル
 5.ワンちゃん用温水足洗い場・ドライヤー完備の温水シャワー場(ワンちゃん用足拭きタオルもご用意しております)
 6.共同冷蔵、冷凍庫(1部屋B5ほどのスペース、ワンちゃんの缶フードやペットボトル500mm4〜5本、保冷剤もこれで安心です!)
 ※クーラーBOX3個無料貸し出し、保冷剤あり。
 7.共同電子レンジ(ワンちゃんの冷凍フードもこれでバッチリ!)
 8.雨天、夜間喫煙所が廊下にございます。(基本的には、食堂と館外での喫煙となります)客室内完全禁煙となります。

●お客様の無料駐車場は、8台止める事が出来る十分なスペースがございます。
 玄関まで70mほど離れていますので、お荷物が多い場合は一旦玄関前までお車を入れて頂きお荷物など降ろして頂くとよろしいかと存じます。

 ワンちゃん用アメニティ
 ●水のみトレイ
 ●コロコロ
 ●ウンチ袋
 ●除菌、消臭ミスト
 ●トイレシート3枚(予備が廊下にもございます)
 ※基本的にトイレシート&トレイは、何時もご使用のワンちゃんの慣れた物をご持参下さい。
 ●エチケットタオル
 ●ティッシュ
 ●足拭きタオル(玄関前に設置)
 ※プールご利用時等のバスタオルは、多めにご持参下さい。(レンタルバスタオル 1枚=100円もございます)
  乾燥後の入館になりますので、ワンちゃんバスタオルご持参で無い場合は、プールのご利用は出来ません。

 ワンちゃんはベッドとバスルーム以外は、館内外、全てご同伴が可能です!(ただし館内はお部屋以外ではリードをつけて下さい)

 サービス
1.食後はティータイム(コーヒー・紅茶の無料セルフサービス)があります。 天然水(温・冷)サービス。夏期:冷茶サービス。クーラーBOX3個、保冷剤有
2.ワン関連雑誌やマンガ本、VHSビデオ(洋画200本以上、TV録画もあり)をご自由にご鑑賞頂けます。また、ゲーム類もご用意しております。
3.チェックイン前・チェックアウト後も1時間程でしたらドッグランをご自由にご利用頂けます。

(ご入館ご入室は、お部屋の最終チェックのため荒天や冬季でもPM3:00〜になります)
専門誌や漫画、ワンちゃんのおやつやワングッズの陶芸販売もあります。 廊下には、共同冷蔵庫や電子レンジ、自由に飲める冷温天然水あり。


 トップに戻る

 愛犬に関しての注意事項
基本的には室内で生活をしているワンちゃんでしたら犬種やサイズ問わずご宿泊頂けますが、
ご宿泊される皆様方が快適にお過ごし頂くためにも下記事項に当てはまるかをご確認下さい。

 1.小型犬〜超大型犬まで犬種問わずお泊まり出来ますが、生後6カ月以上の室内犬であること※半室外犬も不可となります。

 2ペロはまなこは、ワクチン接種(混合4種)に関しては3年に1回以上、
又は、近年の
ワクチン接種がない場合は、2年以内の抗体価検査証明(要 パルボ、ジステンパー)で良いと考えています。
※3年以上、混合ワクチン4種以上の接種がされていない場合は、最低ジステンパー&パルボの抗体価証明が必要です。

  
(6ヶ月前後の幼犬とトイレが完璧でない場合はオムツやマナーベルト着用義務あります。)

   生後3回目のワクチン接種から2週間以上経過後”おおよそ5カ月”にワクチン接種済みとなります)

 3.基本的なしつけ
トイレのしつけ:不安な場合はオムツやマナーベルト着用義務
客室内での
無駄吠え ※夜間就寝後、客室内でほえが続く場合ご宿泊頂けません
●人への攻撃や噛み癖が無い事 
●他の犬への
攻撃性
を飼い主がセーブ出来る事

 4.生理中及び生理後10日のワンちゃんはご宿泊頂けません

 5.ご宿泊1週間以内にシャンプーのしていないワンちゃんはダニやノミ、体臭の関係でご宿泊頂けません
  (チェックアウト後に体臭が残る場合は、次回ご予約をお受けできない場合がございいます)

 ご利用に関しての注意事項

 1.クレジットカードのご利用も可能です。お支払はチェックアウトの際にいしま
 2.愛犬同伴ホテルですので犬が苦手な方のご利用はご遠慮下さい。
 3.1名様でのご宿泊は、ハイシーズン、トップシーズンはお受けできない場合がございます。
  (空室情報をご確認願います)
 4.同伴頭数にも規定がございます。しつけが入っている、多頭同伴の場合はご相談願います。

チェックインPM15:00 / チェックアウトAM10:00
客室換気、客室最終チェックのため、15時前のチェックインは"荒天"でも致しかねます。

チェックイン前、アウト後1時間ほどの、ドックラン&プールのご利用は差し支えございません。

◎お煙草全室完全禁煙となっていますので、喫煙される場合は館外指定場所でお願いいたしております。
ご来館頂いてから必要以上に気遣いされないで、ゆっくりして頂くことが目的ですのでご理解の上ご確認願います)

●また、当宿はワンちゃんのために全室完全禁煙とさせて頂いています。
 喫煙されるお客様には大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

ローカルルールは、皆様に安心してお泊まりいただく為に作りました。超大型犬から超小型犬まで多数の可愛いワンちゃんがお見えになります。
全てのお客様が安全に、楽しく、お過ごしいただく事を基本に考えていますので、ご理解とご協力をお願致します。
なお、ペロはまなこではワンちゃんはのんびりさせてあげて下さい。
近年は小型犬や和犬が多く、触られる事を嫌う子や怖がりの子も多い為、スタッフが必要以上に触る事はしていません。

浜名湖ドッグリゾート ペロはまなこ オーナー鈴木克典

割引等サービスについて (ペロ直接ご予約は特典がいっぱい!)

  • ご連泊割引(じゃらん、楽天など他ご予約サイト除く)
    ・・・2泊目よりお部屋の掃除が必要ない場合は、1部屋(1泊)2,000円割引いたします。
  • また、掃除が必要ない場合は、ワンちゃんのご宿泊料金を、2日目よりご同伴頭数すべて無料とさせていただきます。
    ・・・ペロはまなこHPのご予約フォーム、又はお電話で直接ご予約いただいた場合に限りますのでご注意くださいませ。
  • ペロのご宿泊予約フォームからの直接ご予約で、3回目以上のリピーター様は全頭50%OFFとなります。
  • チェックイン前のドッグランご利用が1時間半前から無料ご利用可能となります。
  • チェックアウト後のドッグランご利用が1時間半無料延長できます。
  • ワンちゃんお誕生日には、おやつなどのプレゼントがあります。

 提携動物病院
我が家の愛犬もいつもお世話になっている獣医さんです。万が一の時も安心です。
 コイケ動物病院(ペロはまなこより車で約10分)
 獣医師・院長 小池 嘉秀 先生
 〒431-0441 湖西市吉美2411-1  TEL(053)575-2020
湖西動物病院(ペロはまなこより車で約10分)
 獣医師・院長 八木 先生
 〒431-0301 湖西市新居町中之郷2877-11  TEL(053)576-4455

 トップに戻る


Copyright (C) 2014 Perro Hamanako All right reserved